■令和4年度 研究部■
 
子どもたちの学びの核となる情報教育
−生涯に渡って主体的に活用できる情報活用能力の育成−
 
 学習指導要領では、情報活用能力を言語能力と同様に「学習の基盤となる資質・能力」と位置付けて、学校のICT環境整備とICTを活用した学習活動の充実に配慮することとしている。
 名古屋市でも、小・中・特別支援学校に1人1台端末と高速大容量の通信ネットワークが一体的に整備され、特別な支援を必要とする子どもを含め、多様な子どもたちを誰一人取り残すことなく、公正に個別最適化され、資質・能力が一層確実に育成できる教育環境が実現した。このことにより、学校や家庭のあらゆる場面で、機器を活用して情報を収集したり、情報を整理・分析してまとめたり、発信したりして学びを深めていくことが可能となった。それに伴い、情報モラルやメディアリテラシーを含めた情報活用能力を、これまで以上に子どもたちへ身に付けさせていくことが、学校教育における喫緊の課題であると考える。
 また、社会全体における情報技術の発展は目覚ましく、多くのものやサービスがすでにデジタル化されている。今後、この動きは一層加速していくことは想像にたやすい。そのような時代を生きる子どもたちに向けて、情報活用能力は「学習の基盤となる資質・能力」のみに留まらず、生涯に渡って主体的に情報を活用できる力として育成していくべきであると考える。
 本研究会では、昨年度まで「子どもたちの学びを深める情報教育」という研究主題を設定し、「主体的・対話的で深い学びにつながる情報活用能力の育成」という副題で研究を進めてきた。授業の在り方が制限される中でも、情報を視点に沿って整理・比較して自分の考えを構築する実践や、タブレットを活用して情報を共有し、自分たちの考えを深める実践等を通して、プログラミング的思考や問題解決・探究における情報活用の実践力などを育成することができた。
 本年度は、これまでの成果を生かしつつ、研究主題を「子どもたちの学びの核となる情報教育」、副題を「生涯に渡って主体的に活用できる情報活用能力の育成」と設定した。これまでの研究を「生涯に渡って主体的に活用できる資質・能力」という視点で整理し、子どもたちに身に付けさせていく情報活用能力について、研究を進めていくこととする。